中古農業機械の販売情報TOP > トラクター販売 > 中古トラクターの販売

中古トラクターの販売

トラクターの中古農業機械は、多数販売されています。インターネットのオークションを利用すると、思いもよらない金額でトラクターを落札できたりするので、中古品をお探しの方にはおすすめです。

ヤフーの中古農業機械【トラクター】

希望する中古トラクターを落札できたら、Yahoo!オークションから落札通知メールが届きます。その後、出品者と落札したトラクターの支払い方法や発送方法などを相談して購入するシステムです。

トラクターの中古農業機械画像1

中古トラクター一覧【ヤフーオークション】

楽天の中古農業機械【トラクター】

楽天オークションなら安心して中古トラクターの購入ができます。楽天オークションを経由して支払いを行いますので、代金を支払ったのに、商品が届かないということはありません。

トラクターの中古農業機械画像2

中古トラクター一覧【楽天市場】

トラクターについて

中古トラクターが販売されている理由の一つに、自動車同様、エンジンが壊れにくくなったことがあげられます。オークションでは多くの中古トラクターから選べるようになりました。

トラクターは大きな分類では、「何かを牽引することを目的としている自動車」になります。農業用のトラクターが一般的ですが、セミトレーラーを牽引する車であれば、セミトラクターとなる。通常農業用トラクターには、作業機にエンジンの回転力を伝える装置や油圧装置がついています。

今や農作業の効率アップには欠かせない、農業用トラクターは、国内では「特殊自動車」に分類されます。よって免許は、乗車するトラクターの大きさによって「小型特殊自動車」又は「大型特殊自動車」を取得しなければなりません。農業用トラクターだけしか運転しない農業者向けの免許があり、これは「農耕者限定大型特殊及びけん引免許」と呼ばれます。取得する場所は、各都道府県に設置されている農業大学校となります。

あまり知られていないのは、道路交通法と道路運送車両法では小型特殊自動車の定義が異なっていることです。小型特殊登録した農業用トラクターでも、運転には「大型特殊免許」が必要なこともあるので注意が必要です。

トラクターは遅いイメージがありますが、馬力によっては最高時速60kmぐらいで走るトラクターもあります。アメリカなどの広大な地域と比較し、日本では作業する面積が小さいため、50馬力程度の小型トラクターが主に販売されています。中古トラクターに小型が多いのはこのような理由からです。北海道など広大な面積での農作業には、200馬力以上のトラクターが使用されているようです。



トラクター販売記事一覧

中古トラクターの販売

トラクターの中古農業機械は、多数販売されています。インターネットのオークションを利用すると、思いもよらない金額でトラクターを落札できたりするので、中古品をお探しの方にはおすすめです...