中古農業機械の販売情報TOP > 耕うん機販売 > 耕耘機の歴史

耕耘機の歴史

耕耘機発祥の地はオーストラリア


耕耘機を最初に開発したのは、オーストラリア人、アーサー・クリフォード・ハワードさんです。

父親が農場を経営していたこともあり、蒸気トラクターの構造を理解していたアーサーは、より効率のよい耕し方を研究した結果、最初の耕耘機を製作しました。

耕耘機の歴史は100年程度


エンジンを搭載した耕耘機で1920年に特許を取得し、Austral Auto Cultivators Pty Ltdという耕耘機の製造会社を設立しました。

当初から需要はあり、この新しい農業機械のビジネスは起動にのっていましたが、世界規模に拡大させるべくアーサーはイギリスに農業機械普及の場を移し、ハワードロータベーター社(Howard Rotavator Co. Ltd.)という企業に成長していきました。

現在は、デンマークのコンスキルドグループの傘下に入り耕耘機の製造を行っています。

国産耕耘機はヤンマーが最初に開発


日本に耕耘機が入ってきたのは、1920年ころで、アメリカやスイス製の農業機械とともに耕耘機が紹介されたとされています。

国産初の耕耘機は、農業機械の大手、ヤンマーがシマー社製の耕耘機をベースに開発したようです。日本の農業現場で本格的に耕うん機が使われ始めたのは、戦後で、アメリカのメリーティラーがきっかけといわれています。 

1920年頃から導入され始めた耕耘機は、アメリカのビーマン、ユーチリータ、キンケード、スイスのシマー等の機種が当初多くを占め、現ヤンマーグループのセイレイ工業による国産初の耕耘機(1931年)もシマーをもとに設計されたといわれる。

しかし、耕耘機の普及が本格化するのは戦後、アメリカからメリーティラー(英名: Merry Tiller)が導入されてからである。1960年代には日本の未来を変える農業機械として爆発的に普及し、およそ300万台以上が販売されました。

耕耘機の燃料


耕耘機の動力源は当初、石油を主としていましたが、研究を重ねた結果、ガソリンやディーゼルに代わり高速スピードによるロータリーの回転が可能になりました。昨今の「家庭菜園ブーム」により、コンパクトな耕耘機の市場が拡大し、それにともない性能も向上しています。

また電気式の耕耘機の性能アップが著しく、毎年新たな商品が投入され、農業機械市場は活況を呈しています。中古の耕耘機を購入するさいに注意する点は、どれくらいのパワーが必要なのか、耕す面積に対して妥当な馬力を備えているかに気をつかうといいでしょう。安価な耕耘機は、他の農業機械同様、タイ、中国、インドが主な製造拠点となっています。



耕うん機販売記事一覧

中古耕うん機の販売

耕うん機の中古農業機械は、多数販売されています。インターネットのオークションを利用すると、思いもよらない金額で耕うん機を落札できたりするので、中古品をお探しの方にはおすすめです。ヤ...

耕耘機の歴史

耕耘機発祥の地はオーストラリア耕耘機を最初に開発したのは、オーストラリア人、アーサー・クリフォード・ハワードさんです。父親が農場を経営していたこともあり、蒸気トラクター...