中古農業機械の販売情報TOP > 田植機の販売 > 田植機の歴史

田植機の歴史

田植機を発明したのは宮崎県人


今でこそ多くの中古品もでまわるようになった田植機ですが、田植機が発明される前は、農業従事者にとって、植え付けは過酷な労働でした。記録によると明治時代に田植機開発は始まり、宮崎県出身の研究者、河野平五郎が田植機の特許を最初に取得した。約100年以上前の1899年のことでした。

田植機、実用化への長い道のり


しかし、実用化されるまでには長い年月がかかり、1964年に北海道の企業が発明した田植機が国内で最初の実用化された田植機とされている。その後1970年代から一気に性能が向上し、現在活躍する多くの企業が争って、田植機を発表した。特にヤンマーの乗用田植機Pe-1は、価格も安かったため大ベストセラーとなった、

田植機の研究課題


現在田植機の一部のメーカーでは「無人化」を研究対象としており、実用化をめざして試行錯誤が繰り返されている。過疎化が進む日本で、技術の革新が若者の就農を施すきっかけになるよう政府はより研究機関に支援をしていくことが望まれる。



田植機の販売記事一覧

田植機の歴史

田植機を発明したのは宮崎県人今でこそ多くの中古品もでまわるようになった田植機ですが、田植機が発明される前は、農業従事者にとって、植え付けは過酷な労働でした。記録によると明治時代...

中古田植機の販売

田植機の中古農業機械は、多数販売されています。インターネットのオークションを利用すると、思いもよらない金額で田植機を落札できたりするので、中古品をお探しの方にはおすすめです。ヤフー...