中古農業機械の販売情報TOP > 田植機の販売 > 中古田植機の販売

中古田植機の販売

田植機の中古農業機械は、多数販売されています。インターネットのオークションを利用すると、思いもよらない金額で田植機を落札できたりするので、中古品をお探しの方にはおすすめです。

ヤフーの中古農業機械【田植機】

希望する中古田植機を落札できたら、Yahoo!オークションから落札通知メールが届きます。その後、出品者と落札した田植機の支払い方法や発送方法などを相談して購入するシステムです。

田植機の中古農業機械画像1

中古田植機一覧【ヤフーオークション】

楽天の中古農業機械【田植機】

楽天オークションなら安心して中古田植機の購入ができます。楽天オークションを経由して支払いを行いますので、代金を支払ったのに、商品が届かないということはありません。

田植機の中古農業機械画像2

中古田植機一覧【楽天市場】

田植機について

中古の田植え機は通販が一般的になるにつれ、選ぶ機会が広がっています。これまでは各エリアにある農業機械ショップでの田植え機の販売に限られていたたため、田植え機を探している人にとっては、ありがたい時代になったといえるでしょう。

田植機(たうえき)の定義は、「イネの苗を水田に移植する農業機械」となります。形式としては、歩行型と乗用型の二つに分かれます。国内で使用されている田植機は専用の爪が苗を挟みこみ前にすすみながら、植えていくタイプが一般的です。

苗を植えつける幅は30センチ間隔が一般的で、大きな田植機になるほど、幅広く(10列など)一度に植えつけることが可能です。北海道など寒冷地では、植え付け幅は33センチとなり、田植機の調整が必要となります。

植え付け用の苗は、「マット苗」と「ポット苗」に分かれ、北海道を除く地域ではマット苗が一般的です。マット苗は、育苗する箱にカイワレ大根を栽培するような形で苗を育て、そのボックスに入ったまま、田植機に装着し植えつけられるため、一度にたくさんの列をカバーすることが可能です。

ポット苗は、プラスチック製の容器に開けられた448ある穴に種をまいて育てた苗のことを指します。マット苗と比較して、根を切らずに植えつけをすることができるため、苗を無駄にすることが少なく、結果として収益も多くなるのです。

地域によって、植え付けできる苗の量は異なるため、田植機は1坪あたり、45株から90株程度の間で植えつける本数を調整できるようになっている。昔は自宅で苗を育てる農家が多かったが最近では農協が大量生産した苗を購入する人が増えている。苗の配達時期はあるていど限られるため、天候が不順な年でも、植え付け時期をづらしたり、早めたりすることができないため、便利にはなったもののジレンマを感じている農家もいる。



中古田植機の販売記事一覧

田植機の歴史

田植機を発明したのは宮崎県人今でこそ多くの中古品もでまわるようになった田植機ですが、田植機が発明される前は、農業従事者にとって、植え付けは過酷な労働でした。記録によると明治時代...

中古田植機の販売

田植機の中古農業機械は、多数販売されています。インターネットのオークションを利用すると、思いもよらない金額で田植機を落札できたりするので、中古品をお探しの方にはおすすめです。ヤフー...