中古農業機械の販売情報TOP > 発電機の販売 > 発電機の歴史

発電機の歴史について

静電気を活用した発電機


現代の発電気は磁気と電気の相互作用を利用した装置となっているが、最初に発明されたのは、静電気学の原理を使った静電発電機とされている。高電圧下では小電流の電気が作られるため、それを円盤などに電荷を保存し、高電位差を生み出すことで電気を作るしくみである。

発電機の基礎を作る


静電発電機は、効率が低く、高電圧を発生する機械を絶縁するのが困難だったため、一般に普及することはなかったが、アイデアがいかされた例として、ウィムズハースト式誘導起電機やヴァンデグラフ起電機があります。



発電機の販売記事一覧

発電機の歴史

静電気を活用した発電機現代の発電気は磁気と電気の相互作用を利用した装置となっているが、最初に発明されたのは、静電気学の原理を使った静電発電機とされている。高電圧下では小電流の電...

中古発電機の販売

発電機の中古農業機械は、多数販売されています。インターネットのオークションを利用すると、思いもよらない金額で発電機を落札できたりするので、中古品をお探しの方にはおすすめです。ヤフー...