中古農業機械の販売情報TOP > チェーンソーの販売 > チェーンソーの歴史

チェーンソーの歴史

チェーンソーの開発者は医者だった


最初のチェーンソーに関しては諸説あり、統一した見解はありませんが、1830年頃ドイツの整形外科学者ベルナルト・ハイネ(Bernard Heine)によって開発されたものが有力となっています。。

「オステオトーメ」と名付けられたこの器具は、骨を切断するために発明された。チェーンの環があり、付属のクランクを回すことでまわる仕組みになっていたようです。

二人で使ったチェーンソー


木を切るためのチェーンソーの開発に貢献したのは、ジョゼフ・ビューフォード・コックスとアンドレアス・シュティールです。世界大恐慌の1929年に会社をおこし、チェーンソーの大量生産をはじめていました

初期のチェーンソーは重くて長く、二人いないと扱えない機械でした。大きなチェーンソーには車輪もついていたというから驚きです。戦時には道を作るため、アメリカ陸軍が多用したとされている。1960年代に入り、ようやく軽量化がすすみ、現在のチェーンソーのような一人用に変化していきました。

軽量化されたことで、チェーンソーアートなど芸術品の作成にも使われるようになりました。アラスカのフェアバンクスで行われる、アイスカービングフェスティバルは有名ですね。



チェーンソーの販売記事一覧

チェーンソーの歴史

チェーンソーの開発者は医者だった最初のチェーンソーに関しては諸説あり、統一した見解はありませんが、1830年頃ドイツの整形外科学者ベルナルト・ハイネ(Bernard Heine...

中古チェーンソーの販売

チェーンソーの中古農業機械は、多数販売されています。インターネットのオークションを利用すると、思いもよらない金額でチェーンソーを落札できたりするので、中古品をお探しの方にはおすすめ...